ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


----- Thus ends this branch of the Mabinogi. ----- --/--/-- --:--
スポンサー広告
積極的には影世界に行かないので、
影ミッションについてはまだ殆ど知りませんが、
一応ギルハンや、メインストリームで何度か降りてました。

中でもとても興味深かったのは、タルティーンの3つの門を守るミッション。
先日のギルハンでは、6人パーティーで行ったので、
門一つにつき2人ずつ担当・・・・のはずだったんですが、
わたしとペアになったのがギルドでも古参の大魔道師さんで、
「ここは俺一人で守る」という彼の言葉に従い、
他の門へと走ることになりました。

他の門も、戦力的には十分そうで、私は必要ないカンジでしたが、
仲間や味方の兵士さんがすこし怪我をしてたので、
その治療やカンタンな援護射撃をしつつ次の門へと
3箇所の門を馬で巡回することにしました。

今までのマビでは、ヒーラーという役回りは
システム的に事実上ありえない世界観だったわけですが、
はじめてヒールや応急を上げておいてよかったと思える
シチュエーションになりました。

パーティーチャットで「お!衛生兵来た!」と言われるようになり、
その衛生兵という言葉に気をよくしたわたしは、
ちょうど乗っていた馬にしまっていたエレノアヒーラードレスに着替え
さらに衛生兵として奮起。

ぐるぐるまわってたので、衛生兵というか衛星兵?

途中、こんなんでいいのかな?とも思ったんですが、
終ってみたら皆助かったって言ってくれたので一安心。
無事終了のあと、広場で報酬の宝箱を開けてみると
わたしの箱からシリンダーが出ました。

「救援者の シリンダー」????

はじめて見ましたけど、あまりにも出来すぎなエンチャントに
ちょっと吹いてしまいました^^


そして、一方メインストリームは
秘密実験を調査するというエピソードに突入。
ただでさえかなりシビアなのに、先日よりハードモードの累積に
突入してしまったので、その難易度はとんでもないことに。

そして、このエピソードも中盤のかなり厳しい状況になったとき
ようやく私の防御壁ランクが5になったので、
ついに壁越しの弓掃射が出来るようになっていました。

壁やペット、そして同行してくれるreoさんとの連携を上手にとりながら
なんとか、なんとか、一つずつミッションをクリア。

ヒーラーの意味が出てきたり、防御壁や地の利を利用したり、
今まで以上にパーティー連携や、ペット連携が意味を持ってきたりと
影世界では、今までのダンジョンのように、火力や1:1の個人技だけで
なんとかなるものではなくなったみたいです。
時代が「戦術」から「戦略」に移り変わったかのようで、
さらに奥が深くなったように感じます。

個人技もおぼつかない私としては、さらなる努力が必要そうです><


防御壁はランク5になって、格段と使い勝手があがりましたが、
いつ、どこに、いくつ設置するか、効果的な配置を模索中です。
まだ弱いので、壊れる前に次の対策を練ったりとかも大変。

そんな折、ちょっと面白いトラブルが発生しました。

康康、壁にはまる。

わたしのパンダの康康(カンカン)が、防御壁に挟まってしまいました。
しっかりはまってしまったみたいで、まるで身動きが取れなくなってるのが
ちょっと可愛かったです。


----- Thus ends this branch of the Mabinogi. ----- 2009/01/08 17:27
日記 | コメント(1)


今後も期待しとります、衛生兵 (。・x・)ゝ
トウヤ
【2009/01/10 03:03】 URL |#/VBcbmxU [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 香猫(Xiangmao)ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。